CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECOMMEND
LINKS
新刊!
抹茶マフィンが家族のお気に入り!
抹茶のぐるぐるクッキーにはまってます♪
itonowa渋谷さんの新刊
憧れのパリのパン屋さん「ポワラーヌ」の麻バッグ
 
ポワラーヌ リネンのバッグ(麻袋)
 
OTHERS


SPONSORED LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
足柄麦神 麦師

JUGEMテーマ:おいしいパン



富士屋ホテルからかまぼこ博物館への道の途中にあるのが

こちら「足柄麦神 麦師」というパン屋さん。

たくさんの雑誌や本で紹介されている伊勢原の有名店ブノワトン

グループ店です。

石臼挽きの国産小麦にこだわった、フレンチ出身のオーナーさんが

昨年夏、亡くなられてしまったそうで、ブノワトンは今年3月で閉店、

こちら麦師のほうでブノワトンの味は引き継がれていくのだそうです。




 

箱根らしい和風の佇まいのパン屋さんです。駐車場も広々。

番地は箱根湯本ですが、箱根湯本の繁華街からはかなり離れたところにあります。



パンは、今どきちょっと珍しい、紙袋に入れてくれました。




この日は冷たい雨が降っていて、

雨の日はサンドイッチが割引です〜という店員さんの声を聞いて

少し多めに購入してしまいました

でもこれが正解!「手創りポークハムサンド」のハムがおいしい

ブノワトンでは、惣菜パンに使われるハムやベーコン、スモークサーモンなども

手づくりだそうなので、こちら「麦師」のものもきっとこちら特製のものなのでしょう。



さすがオーナーさんがフレンチのシェフだっただけあって

甘い系のパンもすごーくおいしいそうでしたが、

帰路は長いし、持ち帰りが大変そうだったので断念しました。




こちらはまたもちくわ入りのパン〜

ちくわって意外と何にでも合うんですね〜


(神奈川県)




| 神奈川県 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
箱根宮ノ下 富士屋ホテル



鈴廣かまぼこの里はさいたまからはちょっと遠いので前の日、お泊まりしました。

それが箱根宮ノ下富士屋ホテル

明治11年創業、登録有形文化財にも指定され、数々の著名人も宿泊した

格式高いホテルです

うるさい子供ふたり連れて行っていい所なのかと少々不安でしたが、

ホテルの方はみんなにこやかで親切で、ホッとしました。






到着してすぐ、ラウンジ「オーキッド」で、宿泊プランについていた

有名な「伝統のアップルパイ」をいただきました。

あたたかいものと冷たいものを選ぶことができて、

この日は雪も降りそうな寒い日だったのであたたかいものを注文。

パイ生地の部分はサックサクで、シナモンのしっかりきいた

アッツアツのパイでした。

こんなところでお茶しているというだけで、もうセレブ気分です






ホテルの中に史料展示室があって

かつて、天皇陛下がお泊りになられたときのイスの座面や、

金谷ホテルから贈られた洗面ボウルや、昔のピアノや

いろいろ歴史を感じるものが展示されています。



それから廊下のいたるところにも、

過去に宿泊した著名人の写真やサインが飾られていたり、

イスや柱の彫刻など、細部が凝っていて骨董品のようなので

ホテル全体が美術館や博物館を見ているようで、ホテル内を散歩するだけでも

楽しかったです





翌朝は日本庭園を散歩。山の斜面に池や水車小屋や

震災のときに宿泊者を救った井戸の跡などがあって、

冒険気分で散策しました



 

朝食はカジュアルレストラン「ウイステリア」でビュッフェ。

朝ビュッフェ、主婦にとってこれほど贅沢なものはないと思います

家でのあわただしいあの時間を過ごさなくてもよいというだけでもなんという贅沢

そして好きなものを好きなだけ食べられて、かたずける必要もない

きちんと湯剥きされたトマト、普通のレタスではないサニーレタスやレッドキャベツ、

焼き加減と厚さのちょうどいいベーコン、フレッシュジュース。

本当に上質な感じのブッフェでした。さすが富士屋ホテル〜



そして、にんじんのドレッシングがとってもおいしくて、

買って帰りたいくらいでしたが、商品化はされていないみたいで残念でした。



本当に素敵なホテルで、格式高いけどリラックスできて、

数々の著名人に愛されてきたいわれがとってもよくわかりました。

またいつか、家族で泊まれるといいなぁ



(神奈川県)






| 神奈川県 | 11:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
鈴廣 かまぼこの里

 

かまぼこ作りを体験できる場所があるというのをテレビで見て、

長男がやりたいと言い出し、

ちょうど小田原城にも行きたいと思っていたところだったので(長男とパパさんが)

祝日に小田原の鈴廣へ行って来ました。

こちら一帯が「かまぼこの里」となっていて

かまぼこ博物館や様々なお食事処、お土産屋さんなど

が立ち並んでいます。



そしてかまぼこ作り体験ができるのがこちらのかまぼこ博物館。

奥では本当の職人さんがかまぼこを作っているのを

ガラス越しに見学することもできます。




そしてかまぼこの色は何でつけられているのかや、なぜ板についているのかなど

様々な疑問が、いろんな仕掛けで解説されていて結構楽しめます。



かまぼこ作り体験は数週間前に予約しておきました。



お姉さんが丁寧に教えてくれるので、長男は付き添いなしで。

姫にはパパが付き添って。

長男はかなりてこずってました。

かまぼこを蒸し器に入れると、今度はちくわ作り。



焼きたてのちくわは本当においしくて、姫もまたやりたいと大満足。

姫の分、作ったのはほとんどパパさんですが…



これが長男作のかまぼこ

しましま模様にしたかったようですが、なかなか難しかったみたいです。

バレンタインデー前ということで、ピンクの部分をハート型で抜かせてくれて

くっつけました。








かまぼこの蒸しあがりまでは少し時間がかかるので(約70分)、

待つ間、お隣の「鈴なり市場」でお買い物&練り物ランチ






上はお好み焼きの小麦粉部分がすり身になっているもの。

右はカシューナッツ、かぼちゃ、エリンギ、れんこんなどが入った

さつま揚げ状のもの、ケチャップがかかっているのは

アメリカンドックの中身がちくわバージョン「おっととドック」、

一番下は魚のすり身とご飯とチーズを混ぜてあげてある「おっととチーズ」。

なかなかお目にかかれないものがたくさん食べられて面白かったです






かまぼこを受け取って、雨の小田原城へ。

百名城スタンプ も押せて、小田原ちょうちんも買って、

長男大満足の旅となりました。



(神奈川県)


| 神奈川県 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
横浜赤レンガ倉庫



ポケモンフェスタのあと、大人二人はもうバテバテ。

「楽しかった〜」とピンピンしてる子供たちを横目に

「どこかに座って休みたい〜」と行ってみたのが横浜赤レンガ倉庫です。



ピクニックコート(いわゆるフードコートですね)に

ガレット、クレープの「BREIZH Cafe(ブレッツカフェ)」があったので

生ハムとカマンベールのガレットをいただきました

ボーダーのTシャツを着たマリンルックの店員さんがオシャレ。



あまりのパッケージのかわいさについ買ってしまった「キャラメルスティック」です

しょう油入れのひょうちゃんの焼印がかわいい

隣にあったのが崎陽軒。姫はここで「シウマイまん」を選びました。

ミニ肉まんの中身がシウマイといった感じ。

 

上にパリパリのモナカがかぶせてあって、
                      スプーンで割りながら食べます。


横浜は、日本のアイスクリームの発祥地ということで、

これは食べないわけにはいかないと、

デザートとしていただいた「YOKOHAMA BASHAMICHI  ICE」。







実はこの日、赤レンガ倉庫の広場には、

夏休みのイベントでオーストラリア・ブリスベンから運ばれてきた

白い砂が敷き詰められていて、子供たちは大喜び

赤レンガと、海と、白い砂と、陽が落ちていく幻想的な空の色と…。

 

目的はポケモンフェスタでしたが、

横浜の素敵な一面にも少しだけ触れられた一日でした。


(神奈川県横浜市)








| 神奈川県 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |